《「かんぼう」とも》

  1. 仏語。心に仏法の真理を観察し熟考する実践修行法。天台宗十乗観法など。→観 (かん) 

  1. 人相をみる法。

手のひら、足の裏などにできる小さな水疱。多汗症に伴うことが多い。

  1. 法令告示・予算・人事など、政府が一般国民に知らせる必要のある事項を編集して毎日刊行する文書。

  1. 官公庁が打つ公用の電報。

江戸中期、桜町天皇の時の年号。1741年2月27日~1744年2月21日。

中国から伝わった医術。皇漢医学。漢方医学。

[補説]「漢法」とも書く。

軍艦に備えつけてある大砲。主砲・副砲・高角砲など。艦載砲。

出典:青空文庫