[名](スル)固体の有機物を、外気を遮断して加熱分解し、揮発成分と不揮発成分とに分ける操作。石炭乾留・木材乾留など。
[名](スル)川などが貫いて流れること。「平野の中央を貫流する川」
  1. 流域外の海水に比べて温度の低い海流。低塩分で酸素・栄養塩類に富み、プランクトンが多い。日本近海では親潮など。⇔暖流

  1. 冷たい水流。

主流。本流。

緩やかな水の流れ。

  1. 蒸気となったものを冷却し、凝結させて再び液体としてもとに戻すこと。

  1. (比喩的に)物事がもとの方向へ戻ること。「労働者が地方へ還流する」

[名](スル)
  1. めぐり流れること。また、その流れ。「血液が体内を環流する」

  1. 大気や海水の地球規模の大きな流れ。

  1. 一度流れ込んだものが、再び元に返っていくこと。「投下された外国資本が形を変えて故国に環流する」

  1. 注ぎ、流すこと。また、その流れ。

  1. 体内または臓器・組織・細胞に薬液などが入った液体を流し込むこと。

出典:青空文庫