[名]
  1. 中国古来の伝説で、天子が仁政を施すと、天が感じて降らすという甘い露。

  1. (梵)amṛtaの訳。不死・天酒の意》天上の神々の飲む、忉利天 (とうりてん) にある甘い霊液。不死を得るという。転じて、仏の教え、仏の悟りにたとえる。

  1. 煎茶の上等なもの。

  1. 夏に、カエデエノキカシなどの樹葉からしたたり落ちる甘い液汁。その木につくアブラムシから分泌されたもの。

  1. 甘露酒」「甘露水」の略。

[名・形動]非常においしいこと。甘くて美味なこと。また、そのさま。「ああ、甘露、甘露」
  1. 晩秋から初冬にかけての、霜になりそうな冷たい露。

  1. 二十四節気の一。10月8日ごろ。このころになると、北地では初氷がみられるようになる。 秋》

主に電線や光通信などのケーブルを地下に埋設するための専用の管。

出典:青空文庫