[ト・タル][文][形動タリ]
  1. 正しいと思うことを、はばからずに直言するさま。「侃々 (かんかん) ―」

    1. 「以後 (こののち) は一金も下し玉うなかれと―として飾り無く云い放たるれば」〈露伴・二宮尊徳翁〉

  1. 口やかましく言うさま。

    1. 「衆愚之―たるは、一賢之唯々 (ゐゐ) には如 (しか) ず」〈太平記・一六〉

[副](スル)
  1. 固定されていないで緩んでいるさま。ぐらぐら。「奥歯が―する」

  1. 寒さや恐ろしさ、疲労などで、からだの一部が小刻みに震えるさま。「脚が―(と)震える」「ひざが―する」

[形動]
  1. 1に同じ。「机のあしが―になる」

  1. 2に同じ。「ひざが―になる」

    1. [アクセント]クガク、はガクガク

出典:青空文庫