• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 学ぶこと。学問。「学にいそしむ」

  1. 学識。知識。「学がある」

  1. 楽器を用いた快い音曲。音楽。「妙 (たえ) なる楽の音 (ね) 」

  1. 特に、雅楽

  1. 舞事 (まいごと) の一。舞楽の感じを表す、ゆったりとした異国風の舞。唐人・仙人などが舞う。また、笛を主にしたその囃子 (はやし) 。

  1. 狂言の舞事の一。3をまねたもの。

  1. 歌舞伎下座音楽の一。太鼓を主に、大鼓・小鼓・能管、あるいは大太鼓と鈴を配し、ふつう三味線を伴う。王朝物の御殿の場や、神仏出現の場などに用いる。

  1. 民俗芸能の一。太鼓踊りの一種で、大分・福岡・山口の各県に分布。楽打ち。

花の最も外側の部分。ふつう緑色をし、外面に毛をもつ。つぼみのときは内部を包み保護する。うてな。

谷。

「―を隔てて左手 (ゆんで) に榛名富士 (はるなふじ) 聳 (そび) え」〈蘆花自然と人生

  1. 数量。特に、金銭の量。「賠償金の額」「額を上積みする」

  1. 物の量。「生産の額」

  1. 書画を枠に入れて室内の壁などに掛けておくもの。また、その枠。額縁 (がくぶち) 。

  1. 紋所の名。3を図案化したもの。

    1. [アクセント]12ク、34はガ

動物の口の器官の一部。あご。

出典:gooニュース