• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山腹や川岸・海岸などの、険しく切り立った所。きりぎし。

[接尾]

  1. 名詞に付く。

    1. ㋐それを身につけている意を表す。「たすき―」「ゆかた―」

    2. ㋑(「心」あるいはそれに類する語に付いて)心の中にいつもあることを抱いている意を表す。「心―」「思い―ない」

    3. ㋒それを賭けることを表す。「命―」

    1. ㋐人数を表す語に付いて、その人数だけ腰かけられることを表す。「三人―の椅子」

    2. ㋑漢語の数詞に付いて、その数の割合であることを表す。「定価の八―で卸す」

    3. ㋒和語の数詞に付いて、その数だけの倍数であることを表す。「その五つ―」

  1. 動詞の連用形に付いて、その動作の途中、その動作のついで、の意を表す。「帰り―」「行き―の駄賃」

出典:gooニュース