《値うちのないものが完全な形で保存される意から》大したこともせずに生き長らえること。⇔玉砕

「若 (も) し採用されなかったら丈夫玉砕―を恥ず」〈漱石・自転車日記〉

[ト・タル][文][形動タリ]にわかなさま。
    1. 「毎年夏の初めに、多くの焼芋屋が―として氷水屋に変化するとき」〈漱石それから

[副]突然ある状態が生じるさま。急に状況が変わるさま。にわかに。「梅雨があけたら―暑くなった」
[補説]文化庁が発表した令和2年度「国語に関する世論調査」では、「がぜん」を、本来の意味とされる「急に、突然」で使う人が23.6パーセント、本来の意味ではない「とても、断然」で使う人が67.0パーセントという逆転した結果が出ている。

出典:青空文庫