• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「がてり」の音変化とも》

[接助]動詞、および動詞型活用語の連用形に付いて、ある事柄をするときに、それを機会に他の事柄をもする意を表す。…のついでに。…かたがた。…しながら、その一方で。「外に行きがてら、手紙を出してきてくれないか」
    1. 「梅の花咲き散る園に我行かむ君が使ひをかた待ち―」〈・四〇四一〉

[副助](多く動作性の意をもつ名詞に付く)…のついでに。…を兼ねて。…かたがた。「運動がてら買い物に行く」
    1. 「我妹子 (わぎもこ) が形見―と紅の八入 (やしほ) に染めておこせたる衣の裾も通りて濡れぬ」〈・四一五六〉

[補説]とも「がてらに」となることもある。