• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. カニえら。食べてもまずく、有害とする俗説があった。「かには食ってもがに食うな」

  1. (多くの地方で)カニのこと。

[接助]

  1. 《上代語》動詞や完了の助動詞「ぬ」の終止形に付く。「がに」に上接する動詞の表す意が、今にも実現したり行われたりする状態や程度であることを表す。…しそうに。…するほどに。…するかのように。

    1. 「わがやどの夕影草の白露の消 (け) ぬ―もとな思ほゆるかも」〈・五九四〉

  1. 動詞の連体形に付く。願望・命令・意志などの表現を受けて、目的・理由を表す。…するように。…するために。

    1. 「おもしろき野をばな焼きそ古草に新草 (にひくさ) まじり生 (お) ひは生ふる―」〈・三四五二〉

    2. 「桜花散りかひ曇れ老いらくの来むといふなる道まがふ―」〈古今・賀〉
[補説]2の場合、「がね」の東国方言といわれ、中古では主として和歌に用いられる。