[副](スル)
  1. 物が崩れたりぶつかったりするときの、大きく響く音を表す語。「がらがら(と)壁が崩れる」

  1. 引き戸の開閉や、堅い車輪の回転の音を表す語。「格子戸をがらがら(と)開ける」「荷車ががらがら(と)音をたてて通る」

  1. のどに水をためてうがいをする音を表す語。「がらがら(と)のどをすすぐ」

  1. 遠慮がなく、思ったことを大声で言ったりするさま。がさつなさま。「がらがらした男だが、気はいい」

[形動]
  1. あるべきものがほとんどなくて、すきまが多いさま。「がらがらな(の)電車」

  1. かすれた声のさま。「がらがらな(の)声」

[名]柄を持って振ると、がらがらと鳴る幼児のおもちゃ。

[アクセント]ラガラ、はガラガラはガラガラ・ガラガラ。

出典:青空文庫