言葉・態度がはっきりしないこと。

「―の態をなして物を言うようになった」〈鴎外

  1. 白練りの絹で仕立てたはかま。昔、中国で貴族の子弟が着用した。

  1. 貴族の子弟。特に、柔弱な者をいう。紈袴子 (がんこし) 。

[名・形動]

  1. かたくなで、なかなか自分の態度や考えを改めようとしないこと。また、そのさま。「頑固な職人」「頑固おやじ」

  1. 取りついて容易に離れようとしないこと。また、そのさま。「頑固な汚れ」「頑固な水虫」

    1. 強情 (ごうじょう) [用法]

[派生]がんこさ[名]

出典:青空文庫