手紙。雁信。→雁 (かり) の使い

  1. 祈願する神仏の霊所。

  1. 御願寺 (ごがんじ) 」に同じ。

    1. 「天下無双の―、五十四ヶ所ぞと云ふ事あり」〈義経記・三〉

  1. 許可を得るために差し出す書類。ねがいしょ。「入学願書」

  1. 神仏に対する願いを記した文書。願文 (がんもん) 。

出典:青空文庫