《相手の机の下に差し出す意》手紙で、相手に対する敬意を表す脇付 (わきづけ) としてあて名の横に添えて書く語。案下。

[名](スル)液体が気体に変わる現象。蒸発と沸騰がある。固体が直接に気体に変わる昇華 (しょうか) も含めることもある。
  1. 珍しい品物。

  1. 利用すれば思わぬ利益を得られそうな事柄・機会。

    1. 「道士らが王室の李姓であるのを―として、老子を先祖だと言いなし」〈鴎外魚玄機

思いがけない災難。「奇禍に遭う」

  1. 夏の末。晩夏。

  1. 陰暦6月の異称。

[名](スル)
  1. 他国の国籍を得て、その国民となること。「日本に帰化する」

  1. 生物が原産地から他地域に運ばれ、新しい環境に適応して生存・繁殖するようになること。

幾何学」の略。

相手を敬って、その家・家族をいう語。多く、手紙などで用いる。「貴家益々御隆盛の段」

  1. 大将の旗印のもと。また、大将の支配下。「将軍の旗下に馳せ参じる」

  1. 特定の考え方の影響下。

    1. 「科学万能の―に奔趨 (ほんすう) したれども」〈抱月・囚はれたる文芸〉

《大将の指揮のもとの意から》

  1. 将軍じきじきの家来。はたもと。

    1. 「徳川―の臣属等は窃 (ひそか) に眉を顰 (ひそ) めし」〈染崎延房・近世紀聞〉

  1. ある人の指揮下にあること。また、その者。「麾下の艦隊」

[代]二人称の人代名詞。同等または目下の相手に対する敬称。男性が多く手紙などで用いる。あなた。「貴下のご意見お聞かせ願いたく」

出典:gooニュース

出典:青空文庫