• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 鬼のすむ洞穴。

  1. 物事の道理に暗いこと。また、そういう仲間。

    1. 「談林風の―裡に堕在していた芭蕉の天才を」〈芥川・芭蕉雑記〉

[名・形動]山が険しく変化のあること。また、そのさま。転じて、物事が一風変わってすぐれていることにもいう。「奇崛な興趣を呈する」