《「危」は、高い、きびしいの意》高尚な言葉を用いること。また、その言葉。

奇抜な言葉。とっぴな言い方。奇語。

「大人の人見知りより生ずる禍なりと言うも―にあらざる可し」〈福沢福翁百話

  1. 歴史上の年数を数えるときの基準。また基準となる最初の年。現在、世界的に行われているのはキリスト降誕の年を元年とする西暦(西紀)であるが、イスラム教徒は、ムハンマド(マホメット)がメッカからメジナに移った西暦622年をイスラム紀元元年とする。日本では明治5年(1872)に、神武天皇即位の年とされる西暦紀元前660年を元年と定めて皇紀と称した。

  1. 年号を建てること。建元。改元。また、年号。

物事の起こり。始まり。みなもと。「人類の―」

  1. 前もって決められた一定の時期・期間。「定期券の期限が切れる」「提出期限」

  1. 法律行為の効力の発生・消滅または債務の履行を、将来到達することの確実な事実の発生にかかわらせる付款 (ふかん) 。確定期限と不確定期限とがある。→付款

[名]
  1. 表情や態度にあらわれる気分のよしあし。快・不快などの感情。気分。「―がよい」「―を損ねる」

  1. 人の意向や思わく。また、安否やようす。「―をうかがう」

  1. そしりきらうこと。嫌悪すること。

    1. 「時人の―をかへりみず、誓願の一志不退なれば」〈正法眼蔵・行持〉

  1. 時機。しおどき。

    1. 「病をうけ、子産み、死ぬることのみ―を計らず」〈徒然・一五五〉

[形動][文][ナリ](多く「御機嫌」の形で)気分がよいさま。愉快なさま。「だいぶお酒が入ってご―なようす」→御機嫌 (ごきげん) 
[補説]もと「譏嫌」と書き、そしりきらうの意。仏教で、他人の「譏嫌」を受けないようにする戒律「息世譏嫌戒」から出た語。のちに「機」が、気持ちに通じる意を生じてから用いられるようになった。

出典:青空文庫