• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

象 (ぞう) の古名。

「―出で来てその山を越しつ」〈宇津保・俊蔭〉

うそをつくこと。偽ること。譎詐 (きっさ) 。

「才変じて佞猾 (ねいかつ) となり智移りて―となり」〈西周明六雑誌一二〉

測定器が実際に示す値と本来示すべき値との差。測定器の製作過程から生じた誤差。

材木の木目 (もくめ) の模様。

「―の木に、鉄 (くろがね) の脚つけたる槽 (ふね) 」〈宇津保・吹上上〉

しくみ。機構。メカニズム。