[名](スル)
  1. 宿舎に戻ること。

    1. 「そっと―するに相違ないわい」〈逍遥当世書生気質

  1. 議論・意見などがある結論に到達すること。帰着。

    1. 「其の執る所の説は概して、皆極端の平等主義に―し」〈竜渓経国美談

《「耆」も「宿」も老、旧の意》学徳のすぐれた老人。老大家。「学界の耆宿」

[名](スル)
  1. 他家に身を寄せて世話になること。「叔父の家に寄宿する」

  1. 寄宿舎に入って共同生活をすること。「県人寮に寄宿する」

  1. 寄宿舎」の略。

  1. ある場所を借りて泊まること。

    1. 「木の下に一人の修行の僧、―したりけるに」〈今昔・一五・二五〉

出典:青空文庫