奇抜な手段。かわったやり方。「売り上げ倍増の奇手を放つ」

きすう(帰趨)」に同じ。

「ふと予の殺人の動機に想到するや、予は殆 (ほとんど) ―を失いたるかの感に打たれたり」〈芥川・開化の殺人〉

仏教で、その宗派の重要な経論について、規範的な注釈をした人。

物事の起こり。はじめ。根源。

囲碁・将棋などで、相手の意表をつくような奇抜な手。

亀の甲のように、ひびのきれた手。きんしゅ。

「夏日は流汗し冬日は―して勤苦労働に役しつつある多数の貧乏人」〈河上肇貧乏物語

ある期間の初め。⇔期末

高貴な家柄に生まれること。また、その人。

  1. 軍隊・団体の行進などで、そのしるしとなる旗を持つ人。

  1. 思想・芸術などの運動で、その先頭に立って活躍する人。「革新運動の旗手」

航空機の胴体の前頭部。

  1. 航空機の種類。

  1. 機械の種類。

  1. 馬に乗る人。

  1. 競馬で、出場馬の乗り手。ジョッキー。

  1. 生体の組織や臓器に空気やガスが病的にたまった状態。

  1. 肺気腫のこと。