[名]生まれつきの性質。気質。きだて。気象。「気性が激しい」「さっぱりとした気性」
[形動]性質がしっかりしているさま。気が強いさま。
    1. 「―な奴だ、心配いたすな」〈円朝怪談牡丹灯籠

  1. 大気の状態、および雨・風・雪など大気中で起こる諸現象。

  1. 気性」に同じ。

    1. 「上等の社会に立つ時は、―も自然に温和になり」〈鉄腸雪中梅

  1. 宇宙の根元的なものの作用により生じる形象。

奇勝 (きしょう) 1」に同じ。

  1. 思いがけない勝利。また、思いもつかないような計略で勝つこと。奇捷 (きしょう) 。

  1. 珍しい景色。すばらしい景色。景勝。「天下の奇勝」

仏語。迷いのない本性に帰ること。法性の真実に行き着くこと。

記念として参加者・関係者に与えるしるし。「従軍記章」

《「徽」は旗じるし、「章」は模様の意》職業・身分・所属などを示すために帽子や衣服などにつけるしるし。バッジ。

[名](スル)
  1. 記憶しておいて、そらで唱えること。暗唱。

    1. 「今もなお―せるものが数十ある」〈中島敦山月記

  1. 暗記して唱えるだけで、理解したり実践したりはしないこと。「記誦の学」

[名](スル)寝床から起き出すこと。「五時に起床する」「起床喇叭 (らっぱ) 」⇔就床 (しゅうしょう) 
[名](スル)3が原義》
  1. 自分の言動に偽りのないことや約束に違背しないことを、神仏に誓って書き記すこと。また、その文書。

  1. 起請文2」に同じ。

    1. 「花川といへる女に―を書かせ」〈浮・一代男・三〉

  1. 物事を発起し、その実行や順守を主君などに誓願すること。上申して、上級官司の裁可を請うこと。また、その文書。

    1. 「大宰大弐従四位上藤原朝臣衛、四条の―を上奏す」〈続後紀・承和九年八月一五日〉

[名](スル)損ない傷つけること。
  • 「彼も此も―せられたり」〈鴎外・藤鞆絵〉

旗につける図柄。旗じるし。また、国旗校旗軍旗などの総称。

[名](スル)喜び笑うこと。
[名](スル)そしり笑うこと。あざけり笑うこと。また、その笑い。
  • 「此三宝論を聴かば人誰か―せざらんや」〈西周明六雑誌三八〉
[名・形動]少なくて珍しいこと。きわめてまれなこと。また、そのさま。「今時―な存在」
[名・形動]山などが険しくそびえ立っていること。また、物事がきわだって鋭いこと。また、そのさま。
「彼も一種の―な性格である」〈鴎外ヰタ‐セクスアリス

出典:青空文庫