[名](スル)反逆や抵抗をやめて服従すること。帰服。「武器を捨てて帰順する」

物事の基礎となるよりどころ。また、満たさねばならない一定の要件。「作品評価の基準」「設置基準」

標準[用法]

思考・行為などの際、のっとるべきよりどころ。規範となる標準。「判断の規準」

出典:青空文庫