机の上。

意地を張ること。気力で耐えること。

「たった一飛びと思へども―も足も心ばかり」〈浄・宵庚申

線路。レール。

[名](スル)城に帰ること。

武器。兵仗 (ひょうじょう) 。

飛行機に乗っていること。また、飛行機の中。「機上の人となる」

[名](スル)馬に乗ること。「本命馬に騎乗する」

魚類のひれを支える線状の組織。担鰭骨 (たんきこつ) から、ひれの外縁に向かって、平行または放射状に出ているもの。ひれすじ。

[代]二人称の人代名詞。相手の男性を敬っていう語。近世、手紙文などで用いられた。
  • 「―御覧候はば、ひそかに御知らせ下さる可く候」〈芭蕉書簡・天和二年二月木因宛〉
[代]二人称の人代名詞。未婚女性である相手を敬っていう語。「貴嬢の御来訪を歓迎いたします」
[名・形動]心がしっかりしていること。気持ちをしっかりと保つさま。気丈夫。「気丈な人」「悲しみをこらえ気丈に振る舞う」