性格や言行が普通とは異なっている人。変人。

[名](スル)自分の陣営に帰ること。戦場から帰ること。

《「きしん」とも》

  1. 荒々しく恐ろしい神。おにがみ。また、化け物。変化 (へんげ) 。「断じて行えば鬼神も之 (これ) を避く」

  1. 天地万物の霊魂。死者の霊魂と天地の神霊。

    1. 「天地を動かし―を感ぜしめ」〈古今・真名序〉

  1. 仏語。超人的な能力をもつ存在の総称。

身分・地位の高い人。きにん。

中国の朝時代、八旗に属した者の総称。各種の特権と旗地が与えられた。→八旗

《「きくじん」の音変化》黄色がかった緑色。

「―の直垂 (ひたたれ) に」〈平家・一〉

紫外線X線などを照射されて励起した蛍光体が、長波長の電磁波などで別の刺激を受けたとき、ふたたび閃光を発する現象。このような現象を示す蛍光体は輝尽性蛍光体とよばれ、医療用のイメージングプレートなどに用いられる。輝尽発光。

出典:青空文庫