スズキ目キス科の海水魚。沿岸の砂泥底にすむ。全長約30センチ。体は細長く、前方は筒形、後方は側扁する。背側は淡黄灰色で、腹側は白い。北海道以南に産し、シロギスともよぶ。近縁にはホシギス・アオギスなどがある。 夏》「―の背のうすき網目の涼おぼゆ/林火

[補説]「鱚」は国字。
[名](スル)《「キッス」とも》
  1. 接吻 (せっぷん) 。口づけ。

  1. ビリヤードで、動いている玉と玉とが接触すること。

[動サ五]き(帰)する」(サ変)の五段化。「灰燼 (かいじん) に―・す」
[動サ変]き(帰)する」の文語形。
[動サ変]決まる。
  • 「列国の交際始て道理を以て相い―・するを得べし」〈竜渓経国美談
[動サ五]き(期)する」(サ変)の五段化。「将来に―・す」
[動サ変]き(期)する」の文語形。
[動サ下二]きせる」の文語形。

出典:青空文庫