何かをしようと意気込んでいる気持ち。盛んな意気。「気勢をあげる」「気勢をそがれる」

世にまれなこと。世にまれなほどすぐれていること。希代。「―の英雄」

奇抜な方法と正当な方法。また、兵法で、奇襲と正面攻撃。

「―剛柔あらゆる手段を尽して見たが」〈鴎外・灰燼〉

奇妙な声。変な声。「奇声を発する」

[名](スル)神仏にいのって誓いを立てること。
[名](スル)神仏にいのって加護を願うこと。「航海の安全を祈請する」

終局の世。末世 (まっせ) 。

「既に古人に及ばざる―の人なれば」〈福沢文明論之概略

すでにできあがっていること。「既成の概念」

注文に応じて作るのではなく、製品としてすでにでき上がっていること。出来合い。レディーメード。

[名](スル)郷里に帰ること。また、郷里に帰って父母を見舞うこと。帰郷。「墓参りに帰省する」「帰省客」 夏》「なつかしや―の馬車に山の蝶/秋桜子
[補説]書名別項。→帰省

記憶する能力。

「勤めて鈔録を為し、―の不足を補いし人なり」〈中村訳・西国立志編

[名](スル)
  1. ある生物が他の生物の体表に付着または体内に侵入し、そこから栄養をとって生活すること。付着または侵入されて害を受けるほうを宿主 (しゅくしゅ) という。「回虫は人体に寄生する」

  1. 他の働きなどに頼り、生きていくこと。「芸能界に寄生する」

[名](スル)規則に従って、悪い点を正し改めること。「不均衡を規正する」「政治資金規正法」
[名](スル)
  1. 従うべききまり。規定。

  1. 規則に従って物事を制限すること。「集団行動を規制する」「交通規制」

[名](スル)規律を立てて物事を正しくととのえること。「風紀を規整する」

ある物事をなしとげようと決意すること。

囲碁・将棋で、局面の形勢。

  1. 囲碁・将棋で、技量の特にすぐれた人。

  1. 囲碁・将棋で、棋聖位に与えられる称号。棋聖戦の勝者がタイトルを獲得する。将棋は昭和37年(1962)、囲碁は昭和51年(1976)に創設。

  1. 江戸末期の棋士、天野宗歩 (あまのそうほ) のこと。

仕組み。機構。「心理機制」

宮崎湖処子の中編小説。明治23年(1890)刊。自身の故郷、三奈木村への思慕を、新体詩を交えた独特の美文で表現した出世作。

出典:青空文庫