木賃 (きちん) 」に同じ。

蒸気の力を動力として動く船。蒸気船。船舶法では、機械力を利用して推進する船をいう。

黄泉 (こうせん) におもむくこと。死ぬこと。

「―の霊魂は九夜の夢に迷ひにき」〈海道記

[名](スル)
  1. 下船していた船員や乗客がもとの船に帰ること。

  1. 港に帰ってくる船。

  1. 電気回路を構成する導線のうち、アースに帰るほうの線。

  1. テレビの画面で、走査が1回の終点から次の始点まで戻るときに描く線。実際には見えないよう工夫されている。

  1. 三角測量の基準になる三角形の一辺。これをもとにして三角網を広げていく。

  1. 界線2

  1. 領海および接続水域排他的経済水域大陸棚の範囲を測定するための基準となる線。通常は海岸の低潮線を用いるが、地理的条件によって直線基線や湾口や湾内に引かれる直線を用いることができる。領海基線。

囲碁または将棋の勝負。

貴いことと、卑しいこと。また、身分の高い人と低い人。「職業に貴賤なし」「貴賤貧富」

物事が起ころうとする、また、事を行おうとするその直前。

発動機を動力とする船。発動機船。

馬に乗って行う戦闘。

《多く「き線」と書く》通信事業者の最寄りの基地局から利用者の建物近くの分岐点(饋線点)までを結ぶ、地下管路に敷設されたケーブル。利用者宅とは、饋線点から分岐された配線ケーブルで結ばれる。