古代中国の三易 (さんえき) の一。殷 (いん) 代に行われた占法。

贓物 (ぞうぶつ) 罪となった行為の一。犯罪行為で得た物と知りながら預かり隠すこと。法律用語としては平成7年(1995)の刑法改正以前のもので、改正後は「保管」という。

[名](スル)《「きそう」とも》物品をおくり与えること。「母校にピアノを寄贈する」

ひざまずいた姿の像。跪座像。

出典:青空文庫