[名](スル)
  1. 特定の組織体などに所属し従うこと。「国家への帰属意識」

  1. 物・権利などが、特定の人・団体・国などの所有となること。「領土の帰属問題」「国庫に帰属する」

  1. 身分や家柄の尊い人。また、社会的な特権を世襲している上流階級に属する人。明治憲法では華族といったが、第二次大戦後消滅。

  1. 特権を持つ者や優雅な生活をする者のたとえ。「労働貴族」「独身貴族」

出典:青空文庫