寝殿造りの室内調度で、間仕切りや目隠しに使う屏障具 (へいしょうぐ) の一。土居 (つちい) という台の上に2本の柱を立てて横木をわたし、それに夏は生絹 (すずし) 、冬は練絹 (ねりぎぬ) などの帷子 (かたびら) をかけたもの。高さは5尺と4尺とがある。

[名](スル)外出先や出張先から役所に帰ること。「帰庁して復命書を提出する」
[名](スル)外国から帰ってくること。帰国。「欧州訪問から帰朝する」「帰朝報告」
[名](スル)
  1. 帳簿に事項・数字などを記入すること。「売上高を記帳する」

  1. 参会者が名簿などに署名すること。「受付で記帳する」

  1. 思想・行動・学説・作品などの根底にある基本的な考え・傾向。「国際協調を基調とする外交」

  1. 絵画や装飾などで、その中心となっている色。「青を基調とした作品」

  1. 主調 (しゅちょう) 1

シロチョウ科のチョウ。翅 (はね) の開張約4.5センチ。翅は黄色く、夏型では前翅の黒い縁どりが目立つ。幼虫の食草はハギネムノキなど。東北地方南部から南に普通にみられる。 春》

[名](スル)とうとびおもんじること。非常に大切にすること。
    1. 「主人の尤 (もっと) も―する命が」〈漱石吾輩は猫である

[形動][文][ナリ]非常に大切なさま。得がたいものであるさま。「貴重な時間を割く」「貴重な体験」

航空機の乗員中の最高責任者。運航中の業務に関して指揮・監督する。ふつう民間機では正操縦士が兼ねる。

佐藤佐太郎の第5歌集。昭和27年(1952)刊。同年、第3回読売文学賞詩歌賞受賞。

引き潮のこと。

[補説]書名別項。→帰潮

出典:青空文庫