[名](スル)あることをくわだてること。また、その内容。もくろみ。「再建を企図する」

帰りみち。帰路。「帰途につく」

エクアドル共和国の首都。アンデス山脈中の標高2850メートルの高地にあり、赤道直下に位置するが気候は温暖。インカ帝国の古都。16世紀にスペインの植民地となり、キリスト教布教の拠点となる。セントロヒストリコとよばれる旧市街は、キト大聖堂サンフランシスコ教会をはじめ数多くの教会建築が残っており、1978年「キト市街」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録。人口、行政区158万(2008)。

[副]

  1. 動作が瞬間的に行われるさま。急に。とっさに。

    1. 「御輿を寄せ給ふに、このかぐや姫―影になりぬ」〈竹取

  1. 特に意図せずにある動作をするさま。思わず。ふと。

    1. 「―寝入りたりけるに」〈梁塵秘抄口伝・一〇〉

  1. ゆるみなく、厳しく動作をするさま。きつく。しっかり。

    1. 「蛇を鷲爪 (わしづめ) を以てつかみて、―引きて踏まふれば」〈今昔・二九・三三〉

  1. 必ず。確かに。

    1. 「その鳥―参らせよ」〈弁内侍日記

出典:青空文庫