• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

からだを「き」の字のような形にして、座ったり寝たりすること。だらしのない居ずまいにいう。

「元九郎が―なりの寝すがた」〈浮・御前義経記・一〉