はだ。皮膚。

父母の末の弟。いちばん若い叔父。

つき従うこと。

「身を宗廟 (そうべう) の氏族に―して」〈平家・七〉

[名](スル)
  1. 役所に帰ること。

  1. 都に帰ること。

[名](スル)公共事業や社寺などに、金品を贈ること。「―を募る」「被災者に衣類を―する」「―金」

亀の形をした、碑の台石。

[名](スル)碁石を並べたように点々と散らばっていること。
  • 「畑の中に点々と―した民家は」〈寅彦・写生紀行〉

碁・将棋の対局での手順を記録したもの。

過熟状態になったブドウの実に不完全菌の一種がついて水分が蒸発し、干しぶどうのようになること。上等の白ワインの原料となる。

[動ハ下二]年月が訪れては過ぎ去る。
  • 「はねず色のうつろひ易き心あれば年をそ―・ふる言 (こと) は絶えずて」〈・三〇七四〉

出典:青空文庫