性質が非常に悪くて、人の道に背くこと。また、その人。

「世已 (すで) に澆季 (ぎょうき) にして―のもの最も時を得たり」〈田口日本開化小史

[名・形動]性質が残忍で、ひどい行為をすること。また、そのさま。「―な犯罪者」
[派生]きょうあくさ[名]

出典:青空文庫