以前から今まで。これまで。従来。「向来実施してきた方法」⇔向後 (きょうこう) 

  1. 神仏などを敬って礼拝すること。

    1. 「香椎の宮の擁護し給ふ瑞相也と―し」〈太平記・一六〉

  1. 仏に祈るとき、仏の名に冠して唱える語。

    1. 「―救世 (ぐせ) 観世音伝灯東方粟散王 (ぞくさんおう) と申すほどに」〈三宝絵・中〉

出典:青空文庫