水草の、空気中に出ている葉。一般に水中の葉とは形が異なる。サンショウモ・バイカモなどにみられる。気中葉。

大学や研究所などで出す、研究論文や調査報告書などを載せた定期刊行物。

[名](スル)今まで用いられなかった人を取り立てて用いること。「新人を主役に起用する」

中国貴州省の省都。同省中部、交通の要地にある工業都市。人口、行政区299万(2000)。コイヤン。

古代中国で、告朔 (こくさく) のときなどに供えたいけにえの羊。

[名・形動]

  1. からだを思うように動かして、芸事・工作などをうまくこなすこと。また、そのさま。「手先が器用だ」「器用に箸 (はし) を使う」

  1. 要領よく、いろいろな物事を処理すること。また、そのさま。「何事も器用にこなす」

  1. 抜けめなく立ち回ること。また、そのさま。「世渡りが器用だ」

  1. 不平不満なく、受け入れること。いさぎよいこと。また、そのさま。

    1. 「なんにも言わずに、―に買っときなさい」〈里見弴多情仏心

    2. 「気遣ひしやるな、逃げはせぬと、もっとも―な白状」〈浄・淀鯉〉
  1. すぐれた才能のあること。また、その人。

    1. 「武家の棟梁 (とうりゃう) と成りぬべき―の仁 (じん) 」〈太平記・一三〉

[派生]きようさ[名]

長崎の異称。江戸時代、漢学者が中国風に呼んだもの。

出典:青空文庫