[名](スル)《「きんじ」とも》職務・役目をつとめ、つかえること。ごんし。「宮中に勤仕する」

自分の身近なところから考えていくこと。

平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態。また、その目。水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こる。凹レンズで矯正。ちかめ。近眼。近視眼。⇔遠視

中国二十四史の一。の歴史を記した書。元の脱脱(托克托 (トクト) )らの撰。1344年成立。本紀19、志39、表4、列伝73の全135巻。

  1. 金色の糸。

  1. 金箔 (きんぱく) を和紙にはりつけ細く切って縒 (よ) ったり、金箔を細く切って絹糸などの周囲に縒りつけたりしたもの。金襴 (きんらん) などの織物や刺繍 (ししゅう) などの装飾用とする。

  1. 堆朱 (ついしゅ) の一。黄色と赤色の漆を塗り重ねて、彫り目にいく筋もの線を表した漆器。

  1. 金めっきをした細い金属線。

  1. きんがみ(金紙)1」に同じ。

  1. 金札 (きんさつ) 4」に同じ。

金印と紫綬 (しじゅ) 。また、それを身につけるような高位・高官。

金色のトビ。神武天皇が長髄彦 (ながすねひこ) を征伐したとき、弓の先に止まり、味方を勝利に導いたという。

菌類栄養体を構成する糸状の細胞列。環境条件がよければ分枝と結合を限りなく繰り返し、種によって子実体 (しじつたい) 菌核を形成する。

[名](スル)《古くは「きんじ」とも》ある行為を行わないように命令すること。「通行を禁止する」「外出禁止」

出典:青空文庫