[名](スル)
  1. 非常に似通っていること。「近似した図柄」

  1. ある数値に非常に近いこと。また、そのような値で表すこと。「近似計算」

近ごろの出来事。最近の事件。

[名](スル)主君のそば近くに仕えること。また、その人。近習 (きんじゅ) 。「国王に近侍する武官」

近ごろ。このごろ。最近。副詞的にも用いる。「近時の世相」「近時巷 (ちまた) で流行している」

紙・布・塗り物などの地に、金箔 (きんぱく) を押したり金泥を塗ったりしたもの。

金色の文字。特に、金泥で書いた文字。金文字。

きょうじ(矜持)」の慣用読み。

[代]二人称の人代名詞。きみ。おまえ。対等または目下の相手に対していう。
  • 「―はよからむ時にを来 (こ) 」〈かげろふ・中〉

出典:青空文庫