• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

上代文献、特に万葉集の用字法の一。漢字漢語の意義によって訓を当てるもの。「暖 (はる) 」「寒 (ふゆ) 」「未通女 (おとめ) 」などの類。

上代文献、特に万葉集の用字法の一。漢字の字形・字音・字義などを遊戯的、技巧的に利用したもの。「出づ」を「山上復有山」、「獅子 (しし) 」を「十六」、「い」を「馬声」、「ぶ」を「蜂音」などと書く類。戯書。