いつわりの言葉。うそ。虚言。

「玉女は彼の―を信じたのだ」〈木下尚江良人の自白

たわむれにいう言葉。冗談。

出典:青空文庫