タデ科の多年草。道端にみられ、高さ1メートルに達する。茎は直立し、下部の葉は長い柄をもち、長楕円形。夏、小花が円錐状に密につき、実は三角形で褐色。民間で、根をおろして絞った汁を皮膚病に用いる。し。しのね。しぶくさ。 春 花=夏》「―も雀隠れの穂をあげし/禅寺洞」

[副]
  1. 堅い物のこすれ合う音や木が強くきしむ音を表す語。「ぎしぎし(と)音のする階段」

  1. すきまもないほど詰まっていくさま。

    1. 「老若男女が―と詰め掛けていた」〈鴎外・独身〉

  1. 容赦なく厳しくものを言うさま。

    1. 「ここな人、あんまり―言はしゃるな」〈浄・五枚羽子板〉

[形動]すきまがほとんどなく窮屈なさま。
    1. 「十畳でも…かなり―で」〈志賀・襖〉

    2. [アクセント]シギシ、はギシギシ

出典:青空文庫