[名](スル)
  1. ある事実をおおい隠すために、他の物事・状況をよそおうこと。「心中に―した殺人」「―工作」

  1. 周囲のものと似た色や形にして姿を見分けにくくすること。特に、戦場などで行うもの。カムフラージュ。「戦車を―する」

ピック3

飢饉 (ききん) に備えて穀類を蓄えておく制度。また、そのための倉。中国、代に始まり、日本では律令時代雑税の一種として収納、備蓄用に当てた。江戸時代の幕府・諸藩の特別課徴および義捐 (ぎえん) による備荒貯穀をもいう。

儀式のための装飾・設備。

[名](スル)船体が完成したあと就航に必要な種々の装備を船に施すこと。
  1. 太政官 (だいじょうかん) からの建議を天皇に奏上すること。

  1. 鎌倉時代、朝廷に置かれた職。源頼朝公卿10人を推薦し、重要政務の合議に当たらせた。

  1. 江戸時代、朝廷に置かれた職。天皇の側近として口勅を伝え、上奏を取り次いだ。清華 (せいが) 羽林の両家から四、五人が選ばれた。

出典:青空文庫