[名]
  1. 文字などの、縦または横の並び。くだり。「行を改める」「か行う段」

  1. 仏語。

    1. ㋐《(梵)saṃskāraの訳》十二因縁の一。過去に身・口・意の三業 (さんごう) によってなした善悪すべての行い。

    2. ㋑《(梵)saṃskṛtaの訳》因縁によって作られた、一切の無常な存在。

    3. ㋒《(梵)carita, caryāの訳》僧や修験者の修行。

    4. ㋓《(梵)gamanaの訳》住・座・臥 (が) とともに四儀の一。歩くこと。

  1. 哲学で、行為。実践。

  1. 数学で、行列または行列式で横の並び。

  1. 表計算ソフトリレーショナルデータベースにおける、横一列のデータの単位。複数のデータの組み合わせをひとまとめにしたもの。ロー。⇔

  1. 行書」の略。「楷 (かい) 、行、草 (そう) 」

  1. 律令制で、位官を連ねて書く際、位階が高く官職が低いときに位官の間に置いた語。⇔

    1. 「正三位兼―左近衛大将」〈宇津保・内侍督〉

[接尾]助数詞。文字などの縦または横の並びの数をかぞえるのに用いる。「16行目」

《宇内 (うだい) を御する意》帝王が天下を治めている期間。御代 (みよ) 。「崇神天皇の御宇」

  1. なすべきこと。仕事。わざ。「畢生 (ひっせい) の業」

  1. 暮らしの手だて。生業。職業。「家の業を継ぐ」「菓子の販売を業とする」

  1. 学問。技芸。「業を修める」

  1. 「実業界」「業界人」の略。「政官業」

[形動]《近世語》程度のはなはだしいさま。仰山 (ぎょうさん) 。→仰仰 (ぎょうぎょう) しい
  • 「―にお江戸は賑やかだ」〈黄・栄花夢

〈刑〉⇒けい

〈形〉⇒けい

こう

出典:青空文庫

出典:gooニュース