頭頂にあるつむじ。転じて、頭の頂上。

「爪先 (つまさき) より―まで打ち込み」〈浄・宵庚申

[名・形動]限度いっぱいで、それ以上余地がないこと。また、そのさま。副詞的にも用いる。「しめきり限り限りに間に合う」「経済的に限り限りな(の)状態で生活する」「限り限り許容できる線」

[副]

  1. 物が強く擦れ合う音やそのさまを表す語。「歯をぎりぎり(と)食いしばる」

  1. 強く力を入れるさま。また、強く巻きつけるさま。「ひもでぎりぎり(と)縛る」

  1. 気がいらだつさま。

    1. 「もう―して来た葉子は剣を持った声で」〈有島或る女

出典:gooニュース