手柄。功績。こう。

「この頃のわが恋力 (こひぢから) 記 (しる) し集め―に申さば五位の冠 (かがふり) 」〈・三八五八〉

[名]
  1. 天と地との間。大空 (おおぞら) 。空間。「空を切る」「空をつかむ」

  1. (梵)śūnyaの訳。うつろであること、ない、の意》仏語。すべての事物はみな因縁によってできた仮の姿で、永久不変の実体や自我などはないということ。

  1. 空軍」の略。「陸海空」

[名・形動]
  1. 何も存在しないこと。また、そのさま。うつろ。

    1. 「彼は―な懐 (ふところ) をひろげて」〈藤村

  1. 事実でないこと。よりどころのないこと。また、そのさま。

    1. 「決して自己弁護の―な言草じゃあない」〈里見弴・今年竹〉

  1. 無益なこと。また、そのさま。むだ。「今までの努力が空に帰した」

[動ハ上二]《「くゆ」の音変化》「悔いる」に同じ。
  • 「此れを―・ふる心なくして」〈今昔・一四・二七〉
[補説]近世には「先非を悔うた所に」〈虎明狂・膏薬煉〉のようにハ行四段活用(連用形ウ音便)とみられる例もある。

[動ワ五(ハ四)]

  1. 食物をかんでのみ込む。食べる。「飯を―・う」

  1. 生活をする。暮らしを立てる。「こんな薄給では―・っていけない」

  1. 口で物をしっかり捕らえる。食いつく。「えさを替えたら魚がよく―・う」

  1. 虫などがかじって物を傷める。また、虫などがからだを刺す。「衣魚 (しみ) の―・った書籍」「蚊に―・われる」

  1. しっかりと間に挟む。また、縄状のものが物にめり込む。「ファスナーに布地が―・われる」

  1. 金銭・時間などがかかる。費やす。「この車はガソリンを―・う」「手間ひま―・う仕事」

  1. (「年をくう」の形で)かなりの年齢になる。「いたずらに年を―・うばかりだ」

  1. 他の勢力範囲・領域に入り込む。侵す。「縄張りを―・う」

  1. スポーツなどで、強い相手を負かす。「強敵を―・う」

  1. 10 演劇・映画などで、ある俳優の演技が勝っていて共演者をしのぐ。「脇役に―・われる」

  1. 11 他から、ある行為、特に望ましくない行為を受ける。こうむる。「門前払いを―・う」「お目玉を―・う」「肩すかしを―・う」

  1. 12 (「人をくう」の形で)ばかにする。侮る。「人を―・った態度」

  1. 13 自分の利益のために、だまして人を利用する。食い物にする。「タレント志望の少女たちを―・う芸能プロダクション」

  1. 14 演劇で、上演台本の一部を省略する。カットする。

  1. 15 口で軽く挟んで物を支える。くわえる。ついばむ。

    1. 「春霞流るるなへに青柳の枝―・ひ持ちてうぐひす鳴くも」〈・一八二一〉

  1. 16 かみつく。歯をたてる。

    1. 「指 (および) ひとつを引き寄せて―・ひてはべりしを」〈・帚木〉

  1. 17 薬などを飲む。

    1. 「つとめて―・ふ薬といふもの」〈かげろふ・中〉

[補説]現代語では、食する意では「食う」がぞんざいで俗語的とされ、一般に「食べる」を用いる。しかし、複合語・慣用句では「食う」が用いられ、「食べる」とは言い換えができないものもある。「たべる(たぶ)」はもともと謙譲・丁寧な言い方であったが、敬意がしだいに失われ通常語となった。
[可能]くえる
[動ハ四]鳥が巣を作る。→巣くう
  • 「つくの穴ごとに燕 (つばくらめ) は巣を―・ひ侍る」〈竹取
[動ワ下二]蹴 (け) る」の古形。
  • 「―・ゑ散 (はらら) かす」〈神代紀・上〉
[補説]「馬の子や牛の子にくゑさせてん」〈梁塵秘抄・二〉、「蹴 化ル」〈類聚名義抄〉などの例から、平安末期には下二段活用が下一段化していたかと思われる。また、同じ下一段活用でもクヮ行下一段「くる」で、のちに直音化して「ける」になり、カ行下一段となったとする説もある。

出典:青空文庫