• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

町田康の処女小説。平成8年(1996)、雑誌「文学界」に発表。翌平成9年(1997)、「河原のアパラ」とあわせて単行本を刊行し、第7回ドゥマゴ文学賞、第19回野間文芸新人賞を受賞。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉