座る場所、また、物をのせる所。他の語の下に付いて、複合語として用いられる。「天磐座 (あまのいわくら) 」「高御座 (たかみくら) 」

  1. 家財・商品などを安全に保管するための建物。倉庫。

  1. 歌舞伎などで、予定していた興行をやめにすること。→御蔵 (おくら) 1

  1. 鎌倉・室町時代、質屋のこと。

  1. 人が乗りやすいように牛・馬などの背に置く具。

  1. 鞍橋 (くらぼね) 

ニューギニア東端から、東北部の島々を結んで行われる儀礼的交換。時計回りの赤い貝の首飾りと、逆回りの白い貝の腕輪の交換が、広地域の交流の輪を形成する。

[接尾]《「くらべ」の略》動詞の連用形またはそれに促音を伴った形に付いて、競争する意を表す。「押し競」「駆けっ競」

米国ハワイ州、マウイ島内陸部の村。ハレアカラ火山の西麓に位置する。なだらかな斜面を利用した牧場が広がるほか、コーヒー農園や植物園があり、野菜・果実・花卉 (かき) の生産も盛ん。

出典:青空文庫