仏語。人間は五蘊 (ごうん) の因縁が仮に和合したもので、実体としての我があるわけではないが、仮に我があるとしたもの。

[名](スル)《「怪我」は当て字で、動詞「けがる」の語幹からかという》
  1. あやまってからだに傷を負うこと。また、その傷。負傷。

  1. 思わぬ過ち。過失。損失。「慣れないことに手を出して怪我をする」

  1. 思いがけない事態。不測の結果。

    1. 「―と申しながら、面目もござない」〈咄・きのふはけふ・上〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫