• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仏語。衆生 (しゅじょう) 教化 (きょうけ) するために説いた教法。天台宗で説く八教のうち、化儀四教に対する四教。

仏語。因縁の和合によって仮に存在する、実体のないもの。⇔実法

江戸時代、本百姓に隷属している百姓の呼称の一。地方により名子・譜代・被官などと称した。