けむり。けぶ。

[助動][(けま)|○|けむ(けん)|けむ(けん)|けめ|○]《過去の助動詞「き」の未然形の古形「け」+推量の助動詞「む」から》活用語の連用形に付く。
  1. 過去の事実についての推量を表す。…ただろう。…だったろう。

    1. 「この国に跡を垂るべき宿世こそありけめ」〈更級

  1. 過去に起こった事実の原因や理由について推量する意を表す。…たのだろう。…だったのだろう。

    1. 「時々の花は咲けども何すれそ母とふ花の咲き出来 (でこ) ずけむ」〈・四三二三〉

    2. 「み園生 (そのふ) の百木 (ももき) の梅の散る花し天に飛び上がり雪と降りけむ」〈・三九〇六〉
  1. 多く下に体言を伴って、過去の事実を他から伝え聞いたこととして表す。…たとかいう。

    1. 「顕基の中納言の言ひけん配所の月、罪なくて見んこと、さもおぼえぬべし」〈徒然・五〉

[補説]過去の助動詞の終止形「き」に推量の助動詞の古形「あむ」が付いた「きあむ」の音変化ともいう。主として中世以後は「けん」とも表記。なお、未然形の「けま」は上代に「けまく」の形で用いられた。

出典:gooニュース