• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 鳥の羽毛をむしったあと、肌に残った毛を火で焼くこと。

  1. 毳 (けば) 焼き」に同じ。

ニレ科の落葉高木。山野にみられ、高さは約30メートルにまで達し、よく枝分かれする。葉は卵形で先がとがり、縁にぎざぎざがある。春、淡黄色の小花を新しい枝につける。材は良質で、建築・家具などに使用。つきのき。つきげやき。