【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

  • 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[接]《接続助詞「けれども」から》前に述べた事柄と相反する内容を導く語。だが。しかし。「彼は頑固だ。—、話はわかる人間だ」
[接助]活用語の終止形に付く。
  1. 確定の逆接条件を表し、内容矛盾する事柄を対比的に結びつける意を表す。「言うことはりっぱだ—、することはなってない」「年はとっている—、実に活動的だ」

  1. ある事実を前置きとして述べ、本題に結びつける意を表す。「経験から言うんだ—、時間には厳しいほうがいい」「これおもしろい本だ—、君読まないか」

  1. 二つの事柄を単に結びつける意を表す。「野球番組も好きだ—、音楽番組も好きだ」「時間もない—、金もない」

[終助]活用語の終止形に付く。
  1. 言い切りを避け、婉曲表現する気持ちを表す。「あすなら行けるんです—」「父は今日出かけているんです—」

  1. 不安に思ったり、なかばあきらめたりしながらも、事柄実現などを願う気持ちを表す。「このままお天気が続くといいんです—」

[補説]「けれども」は中世末、形容詞活用の已然形語尾に接続助詞「ども」が付いてできたもの。近世前期になると、くだけた感じを伴う「けれど」「けど」が生じ、後期には、「けども」が成立した。
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。